『一日一蕎麦』を合言葉に健康とダイエットの為にそばを食べ続ける、自称ソバリエ

一日一蕎麦

一日一蕎麦

蕎麦には、ACE阻害物質が含まれている!

日本人の死因として、心臓病、脳血管障害があるが、2つとも原因は高血圧だそうだ。

血圧を劇的に上げる物質を作りながら、同時に血圧を下げる物質を壊す酵素「アンジオテンシン変換酵素(ACE)」というのがあるらしい。

この酵素が働くと、血圧は下がらない。。。

しかし、蕎麦には、この酵素の働きを抑制する「ACE阻害物質」が含まれている。

昔から「蕎麦は高血圧に効く」と言われているが、本当だった。

 

蕎麦には、更科系と藪系がある。

ACE阻害物質は、どちらに多く含まれるのか?

ACE阻害物質は、種子の内層部に近いほど多いのだそうだ。

 

ということは、更科系である。

 

しかし、ルチンは種子の外層部に多いらしい ⇒ これは藪系

 

つまり、更科系も藪系もどちらも体に良い、、ということ。

コメント一覧
コメントは、ありません。
コメント投稿

:ニックネーム

タイトル

コメント(必須)

コメントの種類

== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==